もらう人の気持ちを考えよう

ダイレクトメールを送る時に一番考えなければいけないことは、それを受け取る人の気持ちになるということです。

今の時代ダイレクトメールを受け取ったことがある人の方が多いと思いますが、自分の興味のないものを受け取っても迷惑だと感じる人の方が圧倒的だと思います。

また郵便物でダイレクトメールを受け取った時には、ゴミが増えたと感じて、ダイレクトメールを送りつけてきた会社に悪印象を持つ人も多いと思います。このようなことをなるべくなくするためには、ダイレクトメールを送るターゲット層に好まれるものを送るようにしたり、ダイレクトメールの送り方を工夫するようにすればよく、ダイレクトメールには郵便やFAXやEメールなど、様々な送り方が用意されています。

リスクのないダイレクトメールとは

ダイレクトメールを送る時には、ある程度の経費はみなければいけません。一般的にダイレクトメールを送る際には、ダイレクトメールのデータを作るために広告代理店などに依頼して、郵便で送る場合には印刷代や郵便代がかかることになり、この場合は最低でも数十万円の経費がかかることになります。

このようにダイレクトメールは人件費は抑えることができたとしても、それなりの経費がかかることになりますが、ダイレクトメールを無料で送れる方法もあります。

それはEメールを利用したEメールDMと呼ばれる方法で、EメールDMであればデータを自分たちで作成することも可能となり、またEメールを送る回線をすでに持っている場合は、通信費の心配もほとんどいらないことになり、実質無料でダイレクトメールを送ることができることになります。