OPP袋への印刷について

OPP袋は、グラビア印刷によりベタやグラデーションなどの様々なデザインの印刷が可能です。グラビア印刷は、色数分の版を用意し、OPPフィルムをそれぞれの版に触れさせ、色を順番に重ねて印刷します。フルカラー印刷が可能ですので、あらゆるデザインの印刷を実現することが出来ます。

このように非常に優れた特性を持つOPP袋ですが、OPP袋の印刷価格は、使用するインクの色数が増える毎に上がります。また、紙の印刷とは異なり、白色を表現するためのインクも必要になるため、一般紙への印刷よりもコストがかかる、といったデメリットもあります。

印刷面を保護したい場合は、ラミネート・コーティング加工を行います。印刷面にCPPフィルムを張り合わせてラミネート・コーティング加工を行うことで、インクをフィルムとフィルムの間に閉じ込めることが出来るだけでなく、より強度のあるやぶれにくい袋にすることができます。