営業ツールを取り入れる

営業マンに代わる営業ツールとしてダイレクトメールがありますが、ダイレクトメールを有効な営業ツールにするには、専門業者に相談することも有効になります。

ダイレクトメールを社内だけで作ることはもちろん可能ですが、プロの意見を参考にすることも必要になることも多く、そうすることで自分たちには思いつかないようなアイディアを得ることができることになります。

ダイレクトメールは自分たちが満足するものに仕上げるのではなく、見る人が満足して、商品などを購入したくならなければいけません。

その方法を知っているのがダイレクトメールを専門に手掛けているプロたちで、プロに依頼すればそれなりの費用はかかりますが、それだけの価値は十分にあるとも言えます。

環境に配慮されたOPP袋

OPP袋は、基本的にはダイオキシン等の有害物質は発生しないため、焼却が可能です。石油を原材料とするプラスティックは、廃棄物処理で厄介扱いされてきましたが、今ではリサイクルにも配慮した、トウモロコシを主原料としたフィルムができるようになっています。
使用中は通常のフィルムと同じように使え、使用後は自然界の微生物によって水と二酸化炭素に分解され、自然に還るフィルムです。

トウモロコシを主原料としたフィルムは、今では農業用ビニールのほか、ゴミ袋、プリペイドカードにも利用されています。電話料金明細などの窓部分に用いられているフィルムをご覧になったことがある方も多いのではないでしょうか。

このように、環境問題にも配慮した封筒を使うことで、企業は環境問題への取り組みをアピールすることもできます。
再生可能OPP袋を取り入れる動きは今後ますます加速していくことでしょう。