OPP袋とポリ袋

OPPとは、Oriented PolyPropylene の略です。この頭文字をとって「OPP」と表現され、「2軸延伸ポリプロピレンフィルム」と直訳されます。
分かりやすく説明すると、ポリプロピレンをタテとヨコの二方向に延伸し、透明なフィルムにしたものになります。 延伸してあるため強度があり、引っ張っても殆ど伸びない性質があります。

一方、見た目はほぼ同じですが、引っ張りに強く強度のある「CPP」もよく使われています。
CPPは引っ張ると伸びますので、OPPかCPPか見た目で区別できない場合は引っ張ってみると一目で分かります。

このOPPフィルムを袋にしたものが、OPP袋です。
ビニール袋と呼ぶ人もいますが、ビニール袋は、そのほとんどがポリ袋です。

ポリ袋には2種類あり、レジ袋で使われているものはHDPE(ハイデン)と呼ばれ、 金魚すくいなどで使われるものは LDPE(ローデン)と呼ばれています。

OPP袋とCPP袋、IPP袋

OPP袋は透明度が高く、パリっとした質感が特徴です。ダイレクトメールや、商品の包装、花屋さんのラッピング、吊り下げ袋、ケーキのフィルム等、最も多くの範囲で利用されています。
一方、引き裂きには弱く、衝撃が加わると、一気に破れることがあるので、重量物や、重たいDMには適していません。

CPP袋とは、OPP袋と比較すると透明度が劣りますが、ひっぱり強度があり破れにくいため、重量物の商品や、重たいダイレクトメール、ブックカバー等に利用されることが多いようです。
フィルムの特性として、熱加工した際に、OPPよりもギザギザが発生しやすくなるので注意が必要です。
CPPとは、Cast Polypropyleneの略で、無延伸ポリプロピレンと訳します。ポリプロピレンを伸ばさずに加工したフィルムのため、ひっぱり強度があります。

IPP袋とは食パンの袋などによく利用される、透明度が高く、かつひっぱり強度がある袋です。
IPPとは、Inflation Polypropyleneの略でインフレ無延伸ポリプロピレンと訳します。風船のようにチューブ状に膨らましながら生産しますので、元はチューブ状のロールになります。
これを製袋機にかけ、ガゼット状の袋に加工することで、食パンの袋が完成します。また、このサイド部分が破れにくいことを活かし、クリアブックの中袋や、カレンダー用の袋としても使われることもあります。

OPP封筒を使ったダイレクトメールで売上アップを

ダイレクトメールを営業ツールに加えると、売上を上げることは十分に可能になりますが、適当にダイレクトメールを作るだけでは、効果を得ることができないばかりか、ダイレクトメールの作成費や通信費分を捨ててしまう結果になるかもしれません。

ダイレクトメールで売上を上げるためには、十分に効果のあるものに仕上げなければいけなくて、それができるのが広告代理店などの専門業者になります。

もちろんどこに業者に依頼しても効果が上がるわけではないので、依頼する業者を選ぶ時には、これまでの実績をきちんとチェックする必要があります。

できればこれまでに作ったダイレクトメールを見せてもらうようにして、どれだけ効果があったか、具体的な数字も確かめるようにしましょう。